Concept 2 本物の家「郡上の家」


伝統の技を駆使した本物の家

南北に長く、四季の変化に富んだ日本。
この独特の気候風土は、いやが上にもこの国の建築技術を高めてきました。
1300年の風雪に耐えた法隆寺に代表されるように、
木造建築を長期にわたり保つ技は、世界にも類を見ないものです。
また、桂離宮に代表されるように、
木を生かした意匠の斬新さ・美しさも、世界の注目と称賛を集めてきました。

イトウ林産は、その本格日本建築の流れを組む工務店です。
生意気なようですが、いわゆる"和風"などという軟弱なものとは
一線を画していると自負しています。

伝統の技を駆使した本物の家。
百年二百年生き続けることを前提に造られた、堅牢な家。
イトウ林産の「郡上の家」は、そんな家です。

尺(30cm)角の大黒柱
6寸(18cm)角から7寸(21cm)角の通し柱
5寸(15cm)×4寸(12cm)の土台
これらの構造材には、すべてひのきを使っています。
屋根の過重を引き受ける地棟は、国産アカマツの一本丸太。 
私たちは、日本の伝統である骨太の構造をしっかりと踏襲しています。

そして、それらの木を自在に扱い、腕を競い合うように造作に工夫を凝らすのは、
城下町・郡上八幡が育んだ、日本でも有数の大工・左官・瓦師・建具師たちです。

ごまかしのない、本物の家をお望みのあなた。
材を見る目と、それを生かす腕をもった工務店をお探しのあなた。
どうせ家を建てるのなら、日本建築の粋を極めた家を
建ててみたいと思っているあなた。
私たちには、そんな本物志向のお客様の期待に応える自信があります。
よき出会いを、心から願っております。

イトウ林産代表取締役 伊藤浩司

山国・郡上八幡に生まれ、山林を駆け回って育った私は、理屈抜きに山と木が大好きです。環境のいい場所で素直に育った木も、厳しい環境に耐えて粘り強く育った木も、それぞれに可愛く、「これらの木をどう使えば、家を美しく頑丈にしてくれるだろうか」と考えるのが、一番の楽しみです。家の材となる木の品質にかけては、かなり自信がありますので、木の好きな方、いい木を使って家を建てたいと思っていられる方は、ぜひ私のコレクションを見に来て下さい。

ところで、木さえいいものを使えば、優れた家が建つわけではありません。いや、むしろ材料が良ければ良いほど、それを生かせるだけの腕を持った職人が必要となってきます。

幸いなことに、郡上八幡は城下町で、昔から東海地方と北陸地方とを結ぶ交通の要衝であったことから、腕のいい職人が集まっていました。「こんなひっそりとした山奥に、そんなに大勢の職人がいるの?」と意外に思われるかもしれませんが、さにあらず。じっくりと仕事に打ち込める静かな環境と、常に新しい情報が入ってくるという地理的条件は職人が育つのに最適で、現在も郡上八幡出身の職人たちは全国で高い評価を受けています。これらの職人たちに恵まれなかったら、イトウ林産のめざす家づくりはできていなかったことでしょう。

私の誇りは、素晴らしい木と職人たち、そしてそれらを育んでくれたふるさと・郡上八幡です。この天からの贈り物に恥じないよう、伝統の技を駆使した本物の家づくりに、これからも邁進したいと思っています。

  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • リンク集
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ