各務原市K様の家づくり体験記「私も家づくりに関わる仕事だから、迷わずイトウ林産を選びました」

私は住宅の門扉や塀を提案・販売する仕事をしています。もう30年以上もこの仕事をしていますから、それこそいやと言うほど家は見てきました。自分が見たたくさんの事例から「いいな」と思った部分を拝借し、自分自身のアイデアとすり合わせて、我が家の家づくりは始まったんです。

イトウ林産さんが非常にいい木を使って家を建てることも、技の冴えた職人ばかりであることも仕事を通してよく知っていましたから、工務店選びに迷いは全くありませんでした。

玄関はやはり家の顔ですから、イトウ林産さんだと安心なんですよ。使っている材が違うし、仕上がりの美しさが全然違います。

床材はカリン。飾り床にはじゅらく壁を用いています。細かい塗りに左官さんが苦労していましたっけ。天井に渡した木も、棟梁が一本一本はめ込んだもの。さりげないんだけれど、技が切れないと粋にはならない。そこが日本建築の難しさであり、面白さでもあると思いますね。

黒御影石に描かれているのは、私のふるさと・ひるがの高原です。大日ヶ岳から長良川が流れて裾野を潤し、豊かに実った稲穂が頭を垂れているという・・。でもこれ、実用性も兼ねているんですよ。川の部分がつや消しのようになっているでしょう?これ、すべり止めなんです。なかなか風流だと自画自賛しています。

和室もやはりじゅらく壁。イトウ林産さんには全国の技能大会で日本一になった人や、TVチャンピオンで日本一になった人など、腕のいい左官さんが大勢います。

棟梁の野田さんは宮大工の親方の下で、みっちり修行を積んだ人。
そして建具屋さんも、全国の展示会で何度も賞をとっている人です。
これだけ役者が揃っているのだから、いいものが出来ないほうがおかしいですよね(笑)。

この家のキーワードは"統一感"。それが最もよく表れているのがリビング、ダイニング、キッチンだと思います。床はすべてカリン、壁は藁を混ぜ込んだ珪藻土です。

よく、部屋ごとに壁紙や床の色を変えている家もありますが、私の経験から言わせていただくと、家全体に統一感を持たせた方が、飽きのこない、家具などもレイアウトしやすい家になると思います。

リビングとダイニングを隔てる大きな引き戸。これは建具屋さんとかなり意見を闘わせました。"こんなに大きなものを作ったら反る"と建具屋さんは心配したんですね。でも私は"反ってもいいからやってくれ"と(笑)。

しぶしぶ引き受けた建具屋さんでしたが、さすがですねえ、3年経ったのにほとんど反っていません。これだけの腕を持っているから、私も無茶を言えたのだと思います。

ところで、建具の下部分と、壁の腰板の高さがぴったりあっているのがおわかりいただけますか?これも、部屋に統一感をもたらすための、私のこだわりなんです。

それと、家内がすごく喜んだのが、来客用のものとは別に、寝室にトイレをつくったこと。"これから年をとることを考えても安心。本当によかった"と言ってもらえて、私もちょっぴり鼻が高かったです。

伊藤社長とは長いおつきあいで、家づくりに対する信念も、木に対する深い愛情も、よく理解させてもらっているつもりです。その上で、あえて私はイトウ林産が得意とする純和風の家づくりとは、少しだけ違ったテイストの注文を、あれこれと出しました。その注文に、イトウ林産さんは見事に応えてくれました。やはり確かな技術の裏付けのある会社は、応用力もすごいですね。

そうそう、言い忘れましたが、瓦屋さんもすごいんですよ。うちの瓦は一文字瓦と言って、葺くのが難しいんです。私はそこまでこだわっていなかったのですが、"Kさんの家にはこれでなくっちゃあ"とさっさと葺いてしまいました。

みなさんの智恵と技術の結晶であるこの家を、末永く慈しんで住みたいと思います。 イトウ林産さん、本当にありがとうございました。

  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • リンク集
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ